レイエンダ
美浦・藤沢和雄 厩舎

19/06

キャロットクラブ公式ホームページより
募集カタログコメント/16年募集
まとう雰囲気は全兄によく似ていますが、立ち姿を見比べると若干胴が短く、臀部の筋肉量が多いため、よりボリュームを感じさせる馬体をしています。十分な運動量により鍛えられた体幹は、瞬時に体勢を変えられる機敏さを生み、動き出しの第一歩からトップスピードで駆け出せる能力は何よりの強みです。快活な動きだけでなく、目の輝きや薄く艶やかな皮膚は、良血ならではのものと言えるでしょう。体つきを見れば短距離に適性がありそうですが、誰もが知る本馬のブラックタイプを探れば、距離がプラスされても問題はなさそうです。
レイエンダ

ラドラーダの15
牡馬・黒鹿・2015年1月30日生れ(美浦・藤沢和雄)
生産:ノーザンファーム ・繋養:ノーザンファームYearling  全400口●総額7,000万円
馬名:レイエンダ
英名:Leyenda(西語)
由来:伝説(西)。父名、兄名より連想

キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo
キングマンボ
1990 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
Manfath
*マンファス
1991 黒鹿
*ラストタイクーン *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ラドラーダ
2006 青鹿
Symboli Kris S
*シンボリクリスエス
1999 黒鹿
Kris S. Roberto
Sharp Queen
Tee Kay Gold Meridian
Tri Argo
Lady Blond
*レディブロンド
1998 鹿毛
Seeking the Gold Mr. Prospector
Con Game
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere


ラドラーダ(06 *シンボリクリスエス)4勝,ユートピアS(芝1600m)。産駒
  ティソーナ(13 牡黒鹿ダイワメジャー)3勝,マーガレットS-OP(芝1400m),現役
  レイデオロ(14 牡鹿キングカメハメハ)未出走
祖母
*レディブロンド(98 Seeking the Gold)米国産,5勝,セプテンバーS,TVh賞,長万部特別,TVh杯,下北半島特別,スプリンターズS-JPN14着。産駒
  ゴルトブリッツ(牡スペシャルウィーク)北海道(公)2勝,中央・岩手・南関東(公)8勝,帝王賞-JPN1,アンタレスS-GV(2回),
      マーキュリーC-JPN3,仁川S-OP,門司S,東海S-GU5着
3代母
 *ウインドインハーヘアWind in Her Hair(91 Alzao)愛国産,英独3勝,アラルポカル-GT,Pretty Polly S-L,Fillies Trial S-L,英オークス-GT2着,
        ヨークシャーオークス-GT3着,パークヒルS-GV4着,愛入着,愛オークス-GT4着。産駒
  *グリントインハーアイGlint in Her Eye:英7戦。産駒
  |   ジェレミーJeremy:英4勝,ベットフレッドコムマイルS-GU,ジャージーS-GV,クイーンアンS-GT2着。種牡馬
  *ヴェイルオブアヴァロンVeil of Avalon:英3勝,Fortune S-L2着,Sceptre S-L2着,北米4勝,
  |       デラローズH-GV,Solo Haina H,ギャラクシーS-GU3着,ジャストアゲイムBCH-GV3着
  ブラックタイド:3勝,スプリングS-JPN2,若駒S-OP,きさらぎ賞-JPN32着,アンドロメダS-OP2着,都大路S-OP2着,
  |       オーストラリアT-OP2着,中山金杯-GV3着。種牡馬
  ディープインパクト:年度代表馬(2回),最優秀3歳牡馬,最優秀古牡馬,12勝,ジャパンC-GT,宝塚記念-GT,
  |       ダービー-JPN1,皐月賞-JPN1,菊花賞-JPN1,有馬記念-JPN1,同2着,天皇賞-JPN1,阪神大賞典-GU,
  |       弥生賞-JPN2。総合・2歳チャンピオンサイアー
  オンファイア:1勝,東京スポーツ杯2歳S-JPN33着。種牡馬
  ニュービギニング:3勝,ホープフルS-OP,松籟S,毎日杯-JPN33着
  トーセンソレイユ:3勝,エルフィンS-OP,パールS
レイエンダ レイエンダ


レイエンダ 牡6 (美)藤沢和雄 本賞金 ¥5,450 総賞金 ¥12,080 (19戦 4- 2- 1- 0- 0-13)
出走日 開催 レース クラス 着順 騎手 人気 斤量 距離 状態 タイム 着差 通過順 3F 体重 賞金
21/09/12 4中山2 京成杯オータムH 津村明秀 15 57 芝1600 1.32.3 0.3 12-12-11 33.8 488 \0
21/04/03 3中山3 ダービー卿チャレンジT 15 丸山元気 57 芝1600 1.54.9 22.3 14-15-15 50.1 494 \0
21/02/14 1阪神2 京都記念 団野大成 10 56 芝2200 2.11.6 1.2 6- 4- 3 35.9 494 \0
21/01/10 1中山3 ポルックスS 13 横山武史 59 ダ1800 1.55.4 1.4 10-13-12 38.1 506 \0
20/10/24 4東京5 富士S 池添謙一 10 56 芝1600 1.34.3 0.9 - 9- 9 35.4 494 \0
20/07/19 2函館6 函館記念 11 C.ルメール 57 芝2000 2.00.9 1.2 3- 2- 2 38.1 488 \0
20/06/14 3東京4 エプソムC 10 C.ルメール 57 芝1800 1.49.4 1.7 14-16-12 36.8 486 \0
20/04/04 3中山3 ダービー卿チャレンジT 丸山元気 57 芝1600 1.33.1 0.3 10- 9- 9 35.2 494 \9,800
20/02/09 1東京4 東京新聞杯 丸山元気 57 芝1600 1.33.5 0.5 - 3- 2 34.6 496 \0
19/11/17 5京都6 マイルCS 15 C.ルメール 57 芝1600 1.34.3 1.3 -15-16 34.4 484 \0
19/10/19 4東京6 富士S C.スミヨン 57 芝1600 1.33.1 0.1 -16-15 33.0 486 \16,000
19/09/01 2新潟12 新潟記念 10 C.ルメール 57 芝2000 1.58.4 0.9 - 6- 4 34.7 492 \0
19/06/09 3東京4 エプソムC C.ルメール 56 芝1800 1.49.1 -0.1 2- 2- 2 32.7 486 \41,000
19/05/18 2東京9 メイS B.アヴドゥラ 56 芝1600 1.46.6 0.8 9-11-11 33.7 486 \0
19/02/03 1東京4 東京新聞杯 北村宏司 56 芝1600 1.32.5 0.6 -15-15 32.8 490 \0
18/12/01 5阪神1 チャレンジカップ C.ルメール 55 芝2000 1.59.3 1.0 8- 8- 8 34.3 482 \0
18/09/17 4中山5 朝日杯セントライト記念 C.ルメール 56 芝2200 2.12.3 0.2 9- 9- 7 34.6 486 \22,000
18/07/22 2函館6 松前特別 C.ルメール 54 芝2000 1.59.3 -0.3 4- 3- 3 34.1 486 \15,000
18/05/12 2東京7 夏木立賞 C.ルメール 56 芝2000 1.58.8 -0.3 8- 8- 7 33.6 484 \10,000
17/07/30 1札幌2 新馬 C.ルメール 54 芝1800 1.51.4 -0.2 7- 7- 5 34.5 474 \7,000
21/09/12 中山 京成杯オータムH
12日の中山競馬ではまずまずのスタートを切るもリズム重視で後方を進む。直線へ向いて進路を探しながら内目を通して伸ばして6着。「久々で、且つ去勢明けという過程でしたから、どのような走りを見せてくれるかという気持ちもある中で送り出したレースでしたが、最後に差を詰めてきてくれましたね。交わすことまではいかなかったものの、最後まで気持ちを切らさずに頑張るという良い内容の走りを見せてくれました。スムーズに行ったということがいちばんでしょうが、急かさなかったことも良かったのかもしれません。去勢の効果もあるのかもしれませんけれど、以前は急かされたりすると耳を絞ったりと気難しいところを出すことがあった馬が、今日はそういったところもありませんでしたからね。今回をいいキッカケにして、またいい結果を出せるようになってもらえたらと思っています」(千島助手)前走時は躓いたことで体も気持ちも対応できなくなり大敗を喫してしまいましたが、その後は去勢手術を施し、トモの疲れを取りながら時間をかけて立て直したうえで今回のレースへ臨みました。結果は6着だったため大喜びはできないものの、最後まで伸びてきて上位と差のない走りをしてくれました。復活の狼煙とまでは言えないのかもしれませんが、一筋の光を見いだすことができたように思いますので、今後さらなる巻き返しに期待をしています。この後についてはレース後の状態を見てから判断していきます。
21/04/03 中山 ダービー卿チャレンジT
3日の中山競馬では五分のスタートを切るがその後加速せず後退。馬群から完全に離れてしまい最後まで走るものの15着。ハミの取り方に偏りがあることを改善すべく馬装を変更し、また、集中力を維持できるようにとマイル戦に戻してみるなど試行錯誤して今回のレースへ向かったのですが、残念ながらスタート直後からスピードに乗らず後退してしまい、最後まで後ろのままで終わってしまいました。距離短縮に戸惑いがあったのかもしれませんが終始前向きさが見られませんでしたし、気難しさが前面に出てしまったと考えられます。コンディションは良さそうに思えただけに悩ましい限りです。大敗後ということもありますから、いつも以上に慎重に心身の状態を確認したうえで今後について検討していきます。
21/02/14 阪神 京都記念
14日の阪神競馬では五分のスタートを切り中団から。勝負どころからじわっと進出を開始していくが直線へ向いてからは伸びが見られず9着。「今回は前走に続いてそのまま調整させていただきましたし、時間をかけて体をつくってきました。当該週の時点で502キロでしたが、輸送で程よく絞れると思えましたし、数字だけでなく格好も良く、それに伴ってか中間の馬の雰囲気もだいぶ戻ってきていたんです。気難しいところを見せがちで、嫌なことがあると耳を絞って反抗するところがある馬なので、機嫌よくレースができればと思っていたんです。ゲート裏の様子から機嫌は良さそうに思えたのでこのままと思って送り出したんです。実際のところ、団野もそう感じたようで、3コーナーまでは抜群で“あるかも”と思ったのに、いざ4コーナーから直線というところで急に手ごたえがなくなったそうです。距離なのかメンタルなのかということになりますが、レース後の息づかいを聞いているとどちらかというとメンタルなのかな…という印象を受けますが、距離も久々になるだけに何とも言えないところです。結構つくり込んできて楽しみにしていたのですが、期待に応えられるような結果を出せず申し訳ない気持ちでいっぱいです」(本間助手)前走は不慣れなダート戦ということもあってか思うような走りができなかったこともあり、今回は芝に戻し、また以前走ったことがある中距離に戻してみました。舞台こそ違えどセントライト記念で好走したことがある2200m戦でしたし、気分よく走ることができれば違うのではないかと見ていたところ、道中、勝負どころではオッと思わせる走りだったように思います。直線では踏ん張れなかったものの、ここ数戦よりはいいところも見られたのかなと思えましたので、何とか復調してくれたらと願っています。この後はレース後の状態を見て判断していきます。
21/01/10 中山 ポルックスS
10日の中山競馬ではスタートを出るも外枠の分もあり後方からの競馬。勝負どころから動かしていくものの直線で目立つほどの伸びはなく13着。「今回ちょっと立派な体つきで入ってきて、そこから何とかつくってきたつもりでしたけれど、季節もあって絞り切れないところがあったのは否めませんでした。その重さに加えて、ちょっと反抗心も強く、理想的な調教をしっかりとこなせたと言い切れない部分があったのも否定はできませんでした。ジョッキーは、ダートに関してはまったくダメというわけではないけれど、道中は悪くないものの勝負どころ以降はひと息だったと口にしていました。斤量もあるのかもしれませんけれど、物足りなさが残ったのは否めませんでしたね…。良い頃の出来にはまだないような気がしますし、何とか戻ってきてほしいという思いです。期待に応えられず申し訳ありませんでした」(本間助手)昨今の競馬っぷりがひと息だったこともあり、今回は速いラップを求められにくいダート戦へ矛先を向けてみましたが、残念ながら思うような伸びは見られませんでした。別定戦で59キロという斤量も堪えたのかもしれませんが、それでももう少し来てもらいたかっただけに悩ましいです。レースでの消耗度合いがどの程度かをしっかりと見極めたうえでこの後について検討していきます。
20/10/24 東京 富士S
24日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り中団から進める。少しポジションが下がり、後方から直線へ向かう形になり、ジリジリと伸びてきているが7着まで。「馬の雰囲気は良く、何とかしてくれるのではないかと期待を持って送り出していました。ジョッキーは、もしかすると位置が後ろになるかもしれないと感じていたようでしたが、想像よりは取れたとのことでした。しかし、流れが速くなり、結果的に脚を溜めるところがなく、最後の決め手を存分に発揮することができなかったようです。展開がもう少し違えばまた変わったのかもしれませんね…。それでもジリジリとは来ていましたし、まったく走れていないわけではありませんでしたので、何とか少しずつでもいいので良くなっていってほしいです」(津曲助手)帰ってきてからの様子では気が入りすぎている印象が勝ち、ハミ受けの点でも偏りがあったことから、慎重に調整を重ねてきました。当日の気配は上々で、巻き返しを見せてくれるのではないかと期待を寄せていましたが、速いペースに苦しくなったようで、後方からジリジリと脚を使って追い上げるので精一杯でした。昨年2着のレースでしたし、上手くハマれば十分にやれると思っていただけに残念ではありますが、今回は最後にかけて伸びる格好を見せていましたし、悲観的になりすぎないようにしたいという思いもあります。もちろん、現状がいいとは言いませんし、変化が望まれる馬なので、何とか復活の日を迎えることができればと思っています。今後についてはレース後の状態を見ながら判断していきます。
20/07/19 函館 函館記念
19日の函館競馬では3番手を追走し直線へ向いたところでいったん先頭に立とうとしたが、その後踏ん張ることができず後退して11着。「形は理想的で、上手く行ったかなと思えた前半だったんですけれどね…。ただ、結果的には流れていて前へ行った分辛くなりましたかね…。クリストフも“速かったのもあるけれど距離がちょっと長いかも”と言っていましたし、今日のようなスタミナを求められると辛かったのかもしれません。ここ北海道でいい結果を出せればと思って参戦したのですが、上手く行かず申し訳ありません」(津曲助手)前走は道悪馬場に翻弄されて良さをまったく出せずに終わってしまいましたが、今回の馬場コンディションは保てていたように見えたので楽しみに思っていました。より気持ちを出せるようにとブリンカーを再装着して最内枠スタートを利して先行できたのですが、直線では踏ん張ることができませんでした。小回りを意識して先行したわけですが、前半1000mが58秒台とペースが速かったことが堪えたのでしょう。なかなか復活とならないのが歯がゆくて仕方ありませんが、今回も敗因が明確なので何とか仕切り直して巻き返してほしいと願っています。まずはレース後の状態を確認したうえで今後について検討していきます。
20/06/14 東京 エプソムC
14日の東京競馬では五分のスタートを切るも後方から進める。やや内目に潜り込みつつ直線へ向いて外に持ち出すが、前との差を詰めることはできず10着。「雰囲気はよく、前年のようにしっかりと走ることができれば前走からさらなる前進は可能になると期待を持って送り出しました。1800mに戻すこと、雰囲気がとてもいいこと等々を踏まえて馬具は昨年と同じような形で臨みましたが、そういったことは抜きにして、今日は馬場に尽きたようですね…。クリストフも上がってきて“馬場が悪すぎてまったくダメだった”と口にしていました。多少柔らかい馬場であればこなせると思っていましたが、ここまで悪くなると勝手が違ったようです。皆さんの期待に応えられず申し訳ありません」(津曲助手)前走は再上昇のキッカケを掴めそうな走りでしたし、中間の気配がとても良く、連覇を十分に期待できると思えるほどでした。しかし、スタート後の進みっぷりが悪く、昨年とはまったく異なる競馬になりました。流れていたようにも思えましたが、それでも積極的に行った馬が掲示板に載っているように後ろからではかなり厳しい展開だったということなのでしょう。能力があるだけに良さをレースでしっかりと出せないのが何より歯がゆいですが、今日は馬場がひどくなり過ぎましたし、内目を通った馬が上位を占めているように東京1800mコースで外枠だったことも辛かったでしょうから、条件が整えばあっさり巻き返しても不思議ないはずなので、リベンジを期待したいものです。まずはレース後の状態をよく確認していきます。
20/04/04 中山 ダービー卿チャレンジT
4日の中山競馬では無理せず中団を追走し、後半勝負にかける。勝ち馬を追いかけるような形で直線へ向いて伸ばしたが、追い付くことができず3着まで。「道中のリズムがとても良かったですね。ジョッキーも“前回と違って気配がいいし、道中の行きっぷりも良かったので、反応もしっかりとしてくれました”と言っていましたよ。僕も中間の調教で乗っていましたが、前回より雰囲気だけでなく息も良かったし、今回はいいところを見せてくれるのではないかなと思っていたので、最良の結果ではないけれど前進した内容を見せてくれて少しホッとしています。この流れを継続していけるかがカギになるでしょうが、ポテンシャル的には重賞戦線で十分戦える馬なので、引き続きいい走りをしてほしいと思っています」(津曲助手)前走は気難しさを見せていたこともあり、気を抜かせないよう、馬群に揉まれて嫌気を出させないように積極策で向かいましたが、今回は急かしすぎないように中団から追走する形を採りました。調整段階から今回は雰囲気が良さそうでしたし、体もいくらか絞れていたこともあってか道中の走りっぷりは良く、最後もやめるようなことなくしっかりと走り切ってくれました。最良の結果でないのは非常に悔しいものの、前走のショックを少し緩和してくれるような今回の走りだったので、何とかこのまま復調し、再び重賞を制覇してくれることを期待しています。今後についてはレース後の状態をよく見たうえで判断していきます。
20/02/09 東京 東京新聞杯
9日の東京競馬では3番手の外を追走し直線へ向きいったん先頭に立つかに見えたが、そこから踏ん張りが利かず8着。「今日はちょっと重かったのと気性面に因るような気がします。馬場入りのときに厩務員さんが放すとこちらの合図なく勝手に飛び込もうとしたり、急に横に動いたりと自分勝手な動きをしていました。叱った後はこちらに意思を向けてレースに臨め、スタートを出られたので前に付けましたが、今度は前に出ようとせず、そのままでは後ろまで下がってしまっても不思議ないくらいでした。ポジションはなんとかキープできましたが、他の馬にくっ付いて後ろに入ろうとしてみたりと前向きさに欠ける走りでしたね…。レース後はさすがに息の乱れはありましたので、ちょっと重かったのかもと思えましたが、集中して前向きに走れていれば無駄な消耗はなかったでしょうし、違うはずなんですけどね…。上手くいかなくて申し訳ありません。今日のような感じになるのであれば、却って前ではなく後ろから頑張らせる形でも良いのかもしれません」(丸山騎手)調教の段階から気難しさを前面に出していてどうしたものかと思えたのですが、レースではスタートを切り好位に付けられました。これならばと思え、実際直線へ向いたところでは勝つかに見えたものの、突き抜けることができず、結果後続の追い上げを封じれず後退してしまいました。季節柄もあって若干立派な体ではあったのかもしれませんが、それよりは随所に気難しさを見せており、力を存分に発揮できなかったことに尽きる気がします。これだけの馬で、素質だけなら兄にも劣らないとも思うくらいなのですが歯痒い限りです。今後については未定ですが、少しでも心身をリセットし、リベンジしたいものです。
19/11/17 京都 マイルCS
17日の京都競馬では五分のスタートを切り、道中は無理せず後方から進めるが、直線では前との差を詰めることができず15着。「ブリンカー着用で前に行くような競馬をして馬がおかしくなってはいけませんし、道中は後ろから進める形になりました。ただ、大外枠の上にスローペースでしたからね…。強いメンバーが相手でしたが、馬のコンディションは良さそうでしたし、もう少し流れてほしかったです。今日は全然走り切っていません」(ルメール騎手)「控える競馬こそ前走と同じでしたが、G1としてはスローな流れで縦長の展開とはならず、大外枠も相まって距離のロスが生まれる道中になってしまいましたね。敗れはしたものの自分の競馬ができての結果ではないので悲観的になる必要はないでしょう。力があることは分かっているので、また巻き返せるように頑張ります」(藤沢和師)初のG1でどれだけやれるかと期待していたのですが、このクラスとしては流れが遅く、大外枠という条件も厳しくて残念な結果に終わってしまいました。ただ、血統背景からもまだ上を目指せる馬ですから、今日の経験を活かして巻き返してもらいたいと思います。
19/10/19 東京 富士S
19日の東京競馬ではゆったりめのスタートから後方を追走。じっくり溜め、直線ではジリジリ脚を使って伸びてくるが、差し切ることはできず2着。「考えられるベストな競馬はできました。今回はマイルで前が速くなると見ていたので、道中はリラックス重視で進めました。実際に良い形で進めることができたので、あとは直線で弾けてくれることを願いました。ただ、最後は思惑通りに脚を使ってくれたので差し切りたかったですね。理想はもう1ハロン距離があった方がいいのかもしれません。そうした距離の方が自在にレースを運べる気がします」(スミヨン騎手)「調教では力みが目立っていたけれど、今日は返し馬からいいリズムで走れていましたね。競馬は後ろからで追われると一歩ずつしっかりとした脚取りで伸びてきました。交わすかと思うほどで力が入りましたが、相手は牝馬のG1馬。残念ではありましたが、前走が力を発揮できずに悩ましかっただけに、少しだけホッとしたところもあります。ビッシリ追われているし、しっかりと走った後でもあるので、レース後の状態をよく見ておきます」(藤沢和師)直線は最速の上がりを駆使して伸びてきましたが、勝ち馬を捉えることはできませんでした。勝ち切ることはできなかったものの、見どころのある走りはしてくれましたので、これが次走以降につながってくれればと思います。今後については美浦へ戻っての状態をよく見た上で検討していきます。
19/09/01 新潟 新潟記念
1日の新潟競馬では中団で何とかリズムを整えようとしながら進むが消耗が大きく、直線へ向いても反応できず10着。「レースへ臨む際の雰囲気は悪くないように思えたので、リズムよく運んで良い競馬をさせたいと考えていました。しかし、近くにいた馬に翻弄されて手綱を引かざるを得ないシーンが何度もあり、さらにプラスして外に馬が来たことで余計に気をつかうことになって道中の消耗がキツかったです。前走のようにスムーズに走れるような形がこの馬にとって理想的なので、今日は力をまったく発揮できませんでした」(ルメール騎手)「クリストフとも相談をしたところ、新潟コースは直線が長いのでチークピーシーズは着けなくていいのではないかという意見でした。僕たちも今回は要らないのではないかと思っていたところだったので意見が一致して着けずに臨むことにしたんです。念のため馬場に先出ししたところ、もう少し取ってくるかなと思ったくらい落ち着いてリラックスして臨めていたのですが、いざゲートが開くと近くにいた馬の動きに翻弄されていましたね…。切り返すたびに同じ方向へ来てその都度手綱を引かざるを得なくなり、やっとオープンになったかと思ったところで外に馬がいてまた力むことになっていましたね。う〜ん…具合は良いと思っていただけに結果を出して次と言いたかったのですが、この結果ではそうもいかないでしょうから本当に残念でなりません。このあとは輸送ロスをなくすためにそのままNF天栄へ放牧に出すつもりで、レース後の回復と乗り込み具合で改めて今後について相談することになると思います」(津曲助手)順調に調教を積むことができ、直前の追い切りの動きも秀逸でしたので楽しみを持って臨みましたが、他馬の動きに影響を受けて消耗し、持ち味を削がれてしまいました。残念でなりませんが、力負けではないはずなので次走以降で巻き返してくれると信じています。このあとは競馬場から直接NF天栄へ放牧に出す予定です。
19/06/09 東京 エプソムC
9日の東京競馬ではスタートを決めて2番手でリズムを整えながら進める。直線へ向いて満を持して追い出し、粘る逃げ馬との叩き合いを制して優勝。「今日の馬場がどう出るかは心配もしたけど、問題なかったですね。ゲートを普通に出ていいフットワークで駆けていたし、チークの効果か集中できていました。折り合いも取れていて、直線ではいい脚を使ってくれましたよ。この馬で重賞を勝てて嬉しいです。ありがとうございます」(ルメール騎手)「稽古の雰囲気は変わらず良かったのですが、あとひと押しという点でクリストフと相談をして、薄めのチークピーシーズを着けて臨みました。もし返し馬で気持ちが入りすぎたり、馬が気にするようなことがあれば外せばいいというスタンスを取っておいて彼にジャッジを託したんです。結果そのまま向かうことになりましたね。そしてスタートが決まりました。これが一番の勝因と言っていいでしょう。あのペースで2番手につけられれば、後ろは厳しいでしょうからね。実際のところ前に行った馬を競りおとすだけでした。それにしても良かった。最近はなかなかいい競馬ができずにいたので本当に嬉しいですね。皆さん、おめでとうございました」(藤沢和師)誰しもが認めるポテンシャルの持ち主であるにもかかわらず結果が出ず、悔しいレースが続いていましたが、ようやく報われたような気がします。正直ホッとしました。勝因はいくつかあるのかもしれませんが、間違いなく言えることはこのレースへ向かったことなのではないでしょうか。前走の敗戦でめげることなく今回の出走へ踏み切った陣営の判断が最大の勝因と言えるような気がしています。今宵はまず勝利の喜びに浸り、そして、これからさらなる飛躍を遂げてくれることに期待したいと思います。
19/05/18 東京 メイS
18日の東京競馬では道中中団後方で脚を溜める。直線では外から一瞬伸びる格好をしたが、最後は甘くなり9着。「返し馬の下ろしがけは良かったのですが、キャンターのスピードが上がると馬場の硬さを気にしてか、フットワークにぎこちなさがありました。それでも、レースに行ってからはそつなく道中を進めることができたのですが、トップスピードが求められる直線は返し馬と同じような感じで伸び切ることができませんでした。ビデオで過去のレースを観ても切れる脚を使える馬だと思えるだけに首を傾げてしまいますが、背中の感触はとてもいい馬なので、条件が整えば違った結果が出せると思います」(アヴドゥラ騎手)「返し馬から馬場の硬さを気にしていたようですし、競馬の時もそれがありましたね。また、馬場の影響で気持ちが切れやすくなっていた可能性もあるけど、ぶつけられたタイミングで余計にフワッとしている様子もありました。しっかりと力を発揮できていれば違うのでしょうが、馬場にしろ、まわりの状況にしろ気を遣っていては難しいですからね…。いい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(藤沢和師)直線最後はバテてさがったと言う訳ではなく、様々な状況に気を遣ったのか走ることに集中できていない印象がありました。ポテンシャルの高さを考えると悩ましい限りですが、何とか浮上のキッカケを掴めるよう手を尽くしていきたいものです。今後は状態や番組を見ながら考えていきます。
19/02/03 東京 東京新聞杯
3日の東京競馬では離れた最後方を進む。直線に向いて追うとグングン伸びてくるが8着まで。「初めてのマイル戦とあって流れに乗れるかどうかというのが気がかりではあったのですが強くあたりすぎると馬の機嫌を損なってしまうので大外枠スタートは厳しい要因でした。わかってはいたことなのですが、悪い面を出してしまっては今後にも悪い影響を及ぼしてしまうと思ったのでリズム優先で進めることにしたのですが前と離されてしまって、流れに乗り切れませんでした。両サイドに馬がいることで促せる部分もあるので、できればそういった枠が良かったです…。ただ、そうしたこともあって嫌な雰囲気は出さなかったです。しかも、強く叩かなくてもグングン伸びてきますし、気持ちをうまく乗せられればやはり凄い脚を使う馬です。理想はコーナー2つで、もう少し距離があってもいいのかもしれませんが、今日の経験がプラスに働いて欲しいです。いい競馬ができず申し訳ございません」(北村宏騎手)「馬の雰囲気は良かったので楽しみにしていましたが、厳しい競馬になってしまいました。申し訳ございません。前走のことが頭にありましたし、初めてのマイルになり流れに戸惑わなければいいな…という心配を少ししていたところ、その不安が出てしまう結果となりましたね…。ただ、北村も言っていたように枠が大外でなければまた違ったような気もします。今回はマイルが初めてだったこと、そして枠ということが影響したもので、悲観的になることはないはずです。この経験を活かしてまたいい競馬をしてもらえるようにしっかりやっていきます」(藤沢和師)前走は悪い面が出てしまい、流れに乗り切れないまま終わってしまいました。前走の内容だけを見れば距離を短縮することに不安がなかったわけではないのですが、本来気のいいタイプで変にガチャガチャしてしまうよりもワンターンのマイル戦で気持ち、そしてスピードを活かすことができるようにしたほうがいいのではないかという考えのもと今回のレースを選択しました。残念ながら今回も流れに思うように乗れなかったのですが直線の伸びは素晴らしく、素質の高さを改めて認識できました。今後もできるだけ長所を伸ばしていけるように気をつけながら取り組み、いつの日か大きな舞台へ向かっていけるような馬になって欲しいと思っています。今後については状態を見たうえで判断します。
18/12/01 阪神 チャレンジカップ
1日の阪神競馬では淀みない流れを追いかけて直線は外目に持ち出したが、追い出してから案外伸びず6着。「返し馬で跨がって状態はいいと思いましたが、いざ競馬になると自分からなかなか進んでいかず、速いペースをずっと促しながらの追走になってしまいました。息を入れるところがなく、最後はちょっとストライドも小さくなっていたように感じました。今日はこの馬の力を出せませんでした。申し訳ありません」(ルメール騎手)「前が止まらない展開の中、発馬が決まらなかったことで流れに乗り切れませんでしたね。終いは来るには来ているものの、厳しい競馬になってしまいました。結果は残念でしたが、キャリアは浅く、まだまだこれからの馬。良くなる余地はありますし、ひとつひとつの経験を糧にして、いい走りをお見せできるように導いていきたいと思います」(藤沢和師)今日は途中から縦長の隊列で息を入れるところがなく、厳しい流れになってしまいました。まだキャリアの浅い3歳馬ですし、これもいい経験として次につなげてもらいたいと思います。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。
18/09/17 中山 朝日杯セントライト記念
17日の中山競馬では中団後方で折り合いをつけながら進める。ペースアップに合わせて少しずつ勢いをつけて直線外から追い込みをかけるが、勝ち馬には及ばず2着。「ひと夏越してパワーアップしていたし、リラックスして競馬に臨むことができました。直線では決勝線までしっかりと脚を使ってくれて、この馬の競馬はできたと思います。勝てずに申し訳ありませんが、今日は内枠と外枠の差が大きかっただけですから、まだまだこれから頑張ってくれるはずです」(ルメール騎手)「良い状態で臨めたし、大外枠からの競馬でも上手に折り合いながら走ってくれました。一番いい結果にならなくて残念なのは間違いないけれど、勝った馬が強かったのも確か。その馬には及ばなかったけど、後ろから差して来た馬に負けたわけではなく、良い脚を使っていますから悲観的にはなっていません。今後のレース選択をどうするかはまだなんとも言えないですが、今日の経験をしっかり活かしてさらに頑張ってくれるようにしていきたいです」(藤沢和師)連勝街道を歩んでいければもちろん言うことはなかったものの、これも一つの経験と捉え、悔しさをバネに今後の飛躍に期待したいと思います。タフなレースをしっかりと走り切った後なので、無理のないようコンディションをしっかりと確認しながら今後について判断していければと考えています。
18/07/22 函館 松前特別
22日の函館競馬ではまずまずのスタートから道中は前目のポジションでレースを進める。勝負どころから徐々に押し上げを図り、直線半ばで抜け出すとそのまま押し切って見事に優勝。「スタートをうまく出てくれたのでいい位置を取りたかったのですが、思惑通り3〜4番手のベストポジションで進めることができましたね。道中は息の入りも良く、馬はリラックスして走っていました。4コーナーから加速して、直線も楽な感じで勝つことができましたし、すごくいい内容の競馬でしたよ。まだまだこれから良くなる余地を残している馬ですし、重賞に行ってもチャンスはあると思います。今日はありがとうございました」(ルメール騎手)「函館競馬場に滞在させてじっくりと調整を行ってきましたが、落ち着きがあって状態はいい感じでした。なんとか結果を出したいと思っていたけど、無事に勝つことができて良かったです。この後はいったん放牧に出し、秋はセントライト記念あたりで始動させるのがいいかなと考えています」(藤沢和師)ジョッキーはいつもより積極的な競馬を試みてくれましたが、すんなりといい位置を取ってスムーズに運ぶことができていました。勝負どころの手応えも楽で、直線もスッと抜け出して完勝と言える内容だったのではないでしょうか。この後は秋に向けていったんリフレッシュ放牧を挟む予定です。
18/05/12 東京 夏木立賞
12日の東京競馬ではスタート後は折り合い重視で後方を追走する。直線は外から一気に突き抜けて優勝。「スタート後のひとハロンはリズムを整えることに集中したけど、その後はスッとハミが抜けてリラックスできましたね。後はそのままジックリと運んで直線へ向いたけど、バランスをとってブレずにしっかりと脚を使ってくれました。今日は勝てて良かったです。ありがとうございます」(ルメール騎手)「厩舎にいる時やパドックの様子から気合いが入ってるなと感じましたし、経験が浅い馬でもあるので余計に折り合いだけはどう出るかなと見ていました。スタートしてそこまで経たずに鼻革が切れるアクシデントもあったけど、それでもジョッキーが上手く乗ってくれたね。今日の勝利から今後がますます楽しみになりましたが、長期休養明けでもあったのでまずはしっかりと状態を見ていきます。今日はありがとうございました」(藤沢和師)軽度とは言え骨折休養明けの一戦で難しさもありましたが、そんな不安を一掃するかのように直線では鋭い伸びを見せてくれました。デビューから2連勝と今後の期待は高まりますが、久しぶりの競馬で負担が掛かっている可能性もありますから、まずはしっかりと心身の状態を確認してから次をどうするか考えていきます。
17/07/30 札幌 新馬
30日の札幌競馬ではゆっくりめのスタートから控えて後方待機。勝負どころで外から徐々に上がっていき、直線は楽な手応えで抜け出して見事に優勝。「完璧でした。道中は後ろのポジションから進めていきましたが、馬は非常にリラックスして走ることができていました。仕掛けてからの反応もとても速かったですし、直線は本当にいい脚を使ってくれましたよ。強い勝ち方だったし、先々も楽しみは大きいですね。ありがとうございました」(ルメール騎手)「皆さんおめでとうございました。いやぁ、強かったですね。びっくりしました。人気にもなっていたし、まずは結果を出すことができてホッとしましたよ。この後はいったん放牧に出してから今後のことを考えていきたいと思います。今日はありがとうございました」(藤沢和師)ダービー馬の弟として断トツの支持を背負ったデビュー戦。道中は後方で脚を溜めていき、勝負どころから一気に進出すると、直線で仕掛けられてからは1頭だけ違う脚を見せて危なげなく押し切りました。最後まで余裕のあるレースぶりでしたし、将来が楽しみになったことは間違いないでしょう。この後については、いったん放牧に出した上で今後のプランを検討していくことになります。

管理馬一覧TOP PAGE